豊田真由子議員の暴言騒動から思い出されるのは、真田丸の「犬伏の別れ」



先日テレビのニュースを見ていたら、元秘書に対する暴言で話題になった豊田真由子議員が、謝罪会見を実施しておりました。

その暴言とは「このハゲー!」、「違うだろー!」などといったものだったので、豊田真由子議員は反省の意味を込めて、坊主になって会場に現れるのではないかという噂を、あるウェブサイトで見かけました。

しかし会場に現れた豊田真由子議員は、髪型は短くなっておりましたが、ごく普通のショートヘアーだったので、「違うだろー!」という暴言が口の中から飛び出しそうになりました(笑)。

そういえば重婚騒動で話題になった中川俊直議員も、ソフトモヒカンにしか見えない中途半端な坊主で謝罪会見を実施して、マスコミから批判されていた記憶があります。

やはり反省の意味を込めて坊主にするのだったら、AKB48の峯岸みなみさん程度まで短くしないと、意味がないと思いますね。

またもっと髪を切って、瀬戸内寂聴さん程度まで短くしたら、仏のような神々しい姿になり、以前より票が伸びるかもしれません(笑)。

ところでこの謝罪会見が実施される前に、何度も会見を実施していた人物がおります。

それはこの暴言騒動があった後に、豊田真由子議員の政策秘書になった、青森県板柳町の松森俊逸町議です。

なぜこの時期に政策秘書になったのだろうかと思っていたら、松森俊逸町議の奥様が豊田真由子議員の秘書をしており、その奥様から頼まれて政策秘書になったそうです。

ただ町議と政策秘書の兼職は難しいのではないかという、町民の疑問の声を受け、板柳町議会に「辞職勧告決議案」が提出されます。

この決議案は最終的に否決されますが、松森俊逸町議は決議案が提出された事を重く受け止め、豊田真由子議員の政策秘書を辞任したのです。

つまり町議と政策秘書の兼職を止めて、町議の仕事に専念する事にしたのです。

個人的には町議を辞めて、政策秘書の仕事に専念するという、逆の選択肢を選ばなくて、本当に良かったと思いました。

その理由として政策秘書の仕事に専念した場合、豊田真由子議員が次の選挙で当選しなかった時は、夫婦共に失業してしまうからです。

これと同じような事は身近でも起きる可能性があり、例えば夫婦が同じ会社で働いている場合です。

このようなケースで会社が倒産した場合には、夫婦共に失業するので、家計は大変な事になると思います。

また倒産まではいかなくても、例えば業績不振で減給を実施する場合には、夫婦共に減給になるので、やはり家計は大変な事になるはずです。

このようなリスクを怖いと感じる方は、例えば副業で最低限の生活費を稼げるようにしたり、子供には違う会社で働いてもらったりして、収入の分散を図った方が良いと思うのです。

このように家族が別の会社、と言うよりは別の武将の元で働く事により、生き残りを図った人物がおり、それはドラマ「真田丸」でおなじみの真田信繁(幸村)です。

関ヶ原の戦いを前に真田家は、長男の信幸が徳川側に付き、父の昌幸と次男の信繁(幸村)は、豊臣側に付くという決断をします。

このように親子が別の武将に付いたのは、どちらが勝ったとしても、真田家は生き残れるからであり、この親子の決別は「犬伏の別れ」と呼ばれております。

どっちが勝っても大丈夫にするという、このような真田家の決断は、現代人にとっても参考になる場面があるのではないでしょうか?
関連記事
  1. 2017/09/21(木) 20:06:11|
  2. テレビ・ラジオ

統計から考えると山尾志桜里議員は、不倫に熱心になりやすい傾向がある



民進党の山尾志桜里(やまおしおり)議員は、幹事長への就任が内定しておりましたが、ある週刊誌に既婚男性との不倫疑惑を報じられたため、その人事は撤回になってしまいました。

またこれだけに止まらず、民進党に離党届を提出し、それが受理されたそうなので、役職と共に所属する党も失ったのです。

山尾志桜里議員の経歴について調べてみると、東大法学部卒の元検事という事で、かなりのインテリだとわかります。

しかもけっこうキレイな方ですから、私だったら山尾志桜里議員と対面するだけで緊張してしまい、不倫どころではないと思うのです。

週刊誌の報道によると、不倫相手とされる既婚男性とは、週に4回も会っていたそうで、かなり熱心だったとわかります。

このような不倫に対する熱心さと、東大法学部卒の元検事という経歴を見ていたら、モテる!心理戦術(著:内藤誼人)という本に記載されていた、次のような文章を思い出してしまいました。

『今から40年以上も前のことである。アメリカで「キンゼー報告」という衝撃的なレポートが発表された。この報告書は、セックスについての初めての科学的な調査だった。

このキンゼー報告によれば、セックスでオーガズムに達する頻度は、同年代の女性の場合、中卒程度では31%、大学院卒程度では43%であったという。

つまり、頭の良い女性ほど、「感じやすい」ことがわかったのである。同じような調査結果は、ドイツでも得られている。

マシアス・ブンダーラインというお医者さんが400人以上の女性について調べた結果、知的な女性ほどセックスを楽しんでいるというデータが出てきたのであった。

知的な女性は、避妊についての知識も高いので、セックスを楽しむ度合いが高いのだろう、とブンダーラインは説明している。

もし、あなたがセックスするのが大好きで、浮気相手にもそうあってほしいと思うのなら、「頭のよい女性」を探せばよい。

頭の良い女性は、何事も一生懸命に取り組もうとするが、それはセックスに関してもそうなのである。彼女たちは、セックスについても勤勉家なので、男性を楽しませるお勉強をしてくれるに違いない』

以上のようになりますが、文章の前半に記載されている、頭の良い女性ほど感じやすいという部分は、本当なのだろうかという疑問を感じました。

しかし文章の後半に記載されている、頭の良い女性は勤勉家なので、何事にも一生懸命に取り組もうとするという部分には、思わず納得してしまいました。

だから山尾志桜里議員は、不倫がいけない事だとわかっていても、政治家の仕事などと同じように、熱心に取り組んだのかもしれません。

ところでモテる!心理戦術には、次のような文章も記載されております。

『常識的に考えると、若くして結婚したいわゆるヤンママの女性ほど、軽く付き合えるのではないかと思ってしまう。

遊びたい盛りで結婚したわけだから、さぞや恋愛に飢えているのだろうと考えるからである。しかし、これはどうも違うようだ。

本当に不倫を楽しみたいなら、年齢でいうと30代から40代の奥さんを狙ったほうがいい。なぜなら、どのような調査データを見ても、この時期のほうが浮気に走る奥さんが多いからである』

『結婚年数からも、不倫のしやすさを予測することもできる。かつて「3年目の浮気」という歌謡曲がヒットしたことがあるが、年数に注目するなら、結婚後3年目ではなく6年以上経過したときに浮気が増える』

以上のようになりますが、インターネットで検索してみたところ、山尾志桜里議員が結婚した時期は、よくわかりませんでした。

ただ平成23年(2011年)に男児を出産しているとわかり、ここから推測すると結婚してから、6年以上経過していると思うのです。

またインターネットで検索してみると、現在の年齢は43歳であるとわかりました。

このような統計から考えると山尾志桜里議員は、不倫に熱心になりやすい傾向があるのかもしれません。
関連記事
  1. 2017/09/08(金) 20:16:27|
  2. 心理学・占い
次のページ