「横並び意識」から脱して、「マイ幸せ」を基準に人生を設計しよう!



電通の24歳の女性社員が自殺したのは、過労によるものだったとして、三田労働基準監督署が労災認定したというニュースが、昨年の終わり頃に大きな話題となりました。

このニュースについてインターネットで調べていた時、「そんなに仕事が辛いなら早く退職して、別の仕事を探せば良かったのではないか?」という意見が掲載されておりました。

私も当初はこの意見に対して共感していたのですが、ある方が書いたブログを読んでいたら、そんなに単純な話ではないとわかったのです。

そのブログによると、電通に入社するような方は、小さい頃からエリートコースを歩んでおり、そのエリートコースから自分だけ脱落する事を恐れているから、簡単には退職できないそうです。

つまり電通の過労死事件の根底にあるのは、エリートの横並び意識(他の者と同じような考え方や行動をとること)であると、指摘されておりました。

ところで平成29年(2017年)3月4日の産経ニュースを読んでいたら、「過労死気になりませんか?」あの事件があっても「電通」ブランドは健在か 就活中の学生に聞いてみたという記事が、掲載されておりました。

この記事を読むと過労死事件が発生した後も、相変わらず電通が就職先として、人気があるように感じます。

なぜ今でも電通に人気が集まるのかが、よく理解できないのですが、この記事の中に掲載されていた、「電通はやはり魅力のある企業。広告業界の最大手ですし…」という、ある女子学生の話が、ヒントになるような気がするのです。

つまり皆が就職したいと思う大手企業に、自分も就職したいという横並び意識が、今でも電通を人気企業にしていると思うのです。

横並び意識に影響されているのは、就職先を探している若者だけではなく、他の世代も同じような気がします。

例えば普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話(著:佐藤治彦)という本を読んでいたら、日本人の生命保険の加入率は8割程度と非常に高く、また必要のない保障を見直そうと提案しても、実行に移そうとしないのは、横並び意識が原因と指摘されておりました。

ただ現在の日本では、横並び意識を幸せの基準にしていると、いつまでも幸せになれないと思うのです。

その理由として日本が高い経済成長を達成していた時代は、パイ(社会に存在する富)が拡大を続けていたので、国や企業などがそのパイを、上手く国民に分配すれば、皆が豊かな社会を実現できたのです。

しかし現在の日本は少子高齢化などにより、高い経済成長を達成できないので、国民に分配するパイは以前より縮小しております。

そうなると皆が豊かになるように、パイを分配するのが難しくなり、また以前よりパイの分配に、偏りが生じているのです。

こういった社会では例えば皆が持っているものを、自分は買えないという事態が発生するので、横並び意識を幸せの基準にしていると、いつまでも幸せにはなれないと思うのです。

ですから横並び意識から脱して、マイブームならぬマイ幸せを基準に、人生を設計した方が良いと考えます。

このマイ幸せとは、他の人には理解できないかもしれないけれども、自分はこれがあると、または自分はこれをしていると、幸せを感じられるというものです。

マイ幸せを考えるうえで参考になるのは、平成28年(2016年)12月6日の女性自身に掲載されていた、1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ……花嫁の返答が話題にという記事になります。

この記事に登場するジュエリー店の店員は、横並び意識を幸せの基準にしていたので、婚約指輪に130ドル(約13,700円)の指輪を選んだカップルを、みじめだとバカにしました。

しかし花嫁の方は、マイ幸せを幸せの基準にしていたので、婚約指輪がいくらであったとしても、十分に幸せだったのです。

人は皆と同じ事をしていると、安心感を覚える場合が多いので、横並び意識から脱して、マイ幸せを基準に人生を設計するのは、簡単な事ではないと思います。

ただ国民に分配するパイが縮小している現在の日本では、いつも皆と同じ事ができるわけではないので、マイ幸せを基準に生きるという視点を、取り入れてみるべきではないでしょうか?
関連記事
  1. 2017/03/23(木) 20:24:13|
  2. 就職・起業

エビオス錠であれがドバドバになるのは、腸の栄養吸収が改善されるから



エビオス錠を飲むと、あれがドバドバになるという噂は、「2ちゃんねる」を読んでいる時に初めて知りました。

エビオス錠によりドバドバになるあれとは、『エビオス錠』飲んで精液ドバドバという、2ちゃんねるのスレッドのタイトルを見るとわかるように、男性の精液を示しております。

このスレッドを読むと精液がドバドバになる理由について、精液中に高濃度に含まれる亜鉛やアルギニンを挙げる方が、多いように感じるのです。

しかしエビオス錠にこれらの成分は、微量しか含まれておらず、ドバドバになる理由とは考えられません。

またエビオス錠に含まれている良質なタンパク質と、その含有量が多い事(重量の40~50%)を、ドバドバになる理由として挙げる方もいるようです。

しかしタンパク質の含有量は、スーパーフードとして注目されている「スピルリナ」の方が多く、重量の60~70%になっており、なぜスピルリナでドバドバという噂が出ないのかという、疑問が残ってしまいます。

エビオス錠を飲むとドバドバになるのは、結局何が原因なのだろうかと考えていたら、先日図書館に行った時に、そのヒントとなるような文章を見つけました。

それは爽快ツボ刺激法(著:中谷義雄)という本に記載されていたものであり、その一部を紹介すると次のようになります。

『精力というのは、米と青、青というのは野菜のことです。食事のエネルギーが精で、これが腸から吸収されて体力となるのですが、この精は腎臓にたまるのだとあります。

つまり、腎臓にたまった精が、精子となり、精液になるというわけです。また、元気という気は、自律神経の働きを“気”というのです。

精の強い食べ物といえば、マムシの生血、スッポンの血、ガラナの実、クマザサの葉緑素、生肉、ホルモン、薬酒、バター、チーズ、ニンニク、にら、山芋、ロイヤルゼリーなど、いろいろあって、これらが精力剤として使われております。

しかし、これらを食べても腸で吸収しないと、何の役にも立ちません。昔の人は、この精が腎臓に蓄えられ(この場合の腎臓は、腎臓と副腎を一緒に考えているのです)、それが精液となり、精子になると考えていました。だから、精液が減ると、精力が減退するということになるわけなのです』

『精をつけるためには胃を丈夫にし、腸からそれらの栄養をよく吸収するようにしなければなりません。それで、図示した胃の四つのツボ上脘、梁門、中脘、下脘と腸の二つのツボ気海、関元、その他に横骨を刺激して、男性ホルモンの分泌をよくします』

以上のようになりますが、つまり東洋医学では腎臓に「精」という、生命エネルギーの基礎になる物質が蓄えられていると考えられており、この精が精液や精子に変わるのです。

またこの精には、生まれた時から持っている「先天の精」と、生まれてから食事などによって得た、「後天の精」があると考えられております。

エビオス錠を飲むとドバドバになるのは、これを飲む事によって、腸の栄養吸収が改善され、この後天の精が腎臓に、蓄えやすくなるからだと思うのです。

そうなるとエビオス錠は、精力剤のような効果はないけれども、弱った胃腸の改善を通じて間接的に、精力剤のような働きをする場合があると、個人的には考えております。
関連記事
  1. 2017/03/01(水) 20:15:24|
  2. 健康・ダイエット
次のページ