「一億総下流社会」と「一億総長寿社会」は、同時に来る可能性がある



古代中国の書物である「淮南子」(えなんじ)に書かれた、「人間万事塞翁が馬」(じんかんばんじさいおうがうま)という、有名な話があります。

簡単に話のあらすじを紹介すると、中国の北方の塞の近くに、占いが好きなおじいさんが住んでいたそうです。

ある日おじいさんが飼っていた馬が逃げ出したので、近所の人が励ましにいくと、「これが幸福を招くかもしれないよ」と言って、まったく落ち込んでおりませんでした。

するとおじいさんの予想した通り、数ヵ月後に逃げ出した馬が、駿馬(足の速い優れた馬)を連れて、おじいさんの家に戻ってきたのです。

これは良かったと、近所の人がお祝いにいくと、「これが不幸を招くかもしれないよ」と言って、まったく喜んでおりませんでした。

するとおじいさんの予想した通り、おじいさんの息子がその馬に乗って遊んでいた時に落馬し、骨折してしまったのです。

これは気の毒だと思い、近所の人が励ましにいくと、「これが幸福を招くかもしれないよ」と言って、まったく落ち込んでおりませんでした。

するとおじいさんの予想した通り、隣の国と戦争が始まり、多くの若者が命を落としましたが、おじいさんの息子はケガのため、兵役を免れたので、命を落とさずに済んだのです。

これが「人間万事塞翁が馬」のあらすじであり、この話のように幸福だと思っていた事が、不幸を招く場合があり、また逆に不幸だと思っていた事が、幸福を招く場合があるのです。

つまり最終的に何が幸福になり、何か不幸になるかは、予想が難しいので、安易に喜んだり、悲しんだりしてはいけないという事を、この話は教えているのです。

最近朝日新聞デジタルのある記事を読んでいたら、この「人間万事塞翁が馬」という話を思い出しました。

それはカロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符かという記事であり、その内容は次のようになっております。

『カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

両チームは1980年代後半からアカゲザルで実験を続け、効果をめぐって相反する結果を発表。両チームが共同で実験データを再解析し、「効果あり」で結論が一致したという。二つの研究チームは米国のウィスコンシン大学と国立加齢研究所。

いずれも、好きなだけ食べさせる集団と、それよりも摂取カロリー量を3割減らした集団で生存年数などを比較する実験をしているが、大学は2009年と14年に「効果あり」、研究所は12年に「効果はなかった」と発表していた。

今回、両チームで15年7月までの互いの実験を比べると、カロリー制限を始めた年齢が大学は大人の7~15歳なのに対し、研究所は1~23歳と幅広かった。

このため、研究所のデータについて、実験開始時の年齢を若年(1~14歳)と中高年(16~23歳)に分けて改めて解析すると、若年でカロリー制限を始めた場合は寿命が延びる効果はみられなかったが、中高年で始めた場合は効果がみられ、特にオスは平均寿命の推計が全体よりも9歳ほど長い約35歳だったという。

また、両チームの解剖データを調べたところ、開始年齢や性別にかかわらず、カロリー制限をしたグループのほうが、がんの発生率が15~20%ほど低かった。糖尿病や脳卒中など加齢に伴う病気も、より遅く発症していた。

東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人研究部長(老化制御)は「論争に一つの終止符が打たれた。約30年に及ぶカロリー制限の研究データは、人間にも置き換えることができそうだ」と話す』

以上のようになりますが、カロリー制限による長寿効果は、「人間にも置き換えることができそうだ」という点が、とても興味深いと思いました。

そうなると美味しいものを好きなだけ食べているお金持ちより、粗食をしている貧乏人の方が、健康的に長生きできるという話になります。

もちろんこの実験では、摂取カロリー量を3割減らしただけなので、極端な粗食は健康に良くないと思うのです。

最近は「一億総下流」や「下流老人」などといった、暗い言葉をよく見かけ、日本の先行きに不安を感じます。

ただ収入が低くなり、食費を削らざるを得ない状況が、生活習慣病の発症を予防し、健康的な長寿を招くとしたら、「人間万事塞翁が馬」ではないでしょうか?
関連記事
  1. 2017/02/01(水) 20:15:40|
  2. 健康・ダイエット

淫行疑惑で謹慎中の狩野英孝さんは、ゲーテの本を読んでみるべきである



写真週刊誌のFRIDAYに、17歳の女子高生との淫行疑惑が報じられた、タレントの狩野英孝さんが、平成29年(2017年)1月21日に記者会見を開きました。

私はこの記者会見を見てはいないのですが、インターネットのニュースによると狩野さんは、相手の女性が22歳と言ったのを信じて、お付き合いをしており、17歳だったとは知らなかったという話です。

またこの記者会見では、しばらくは芸能活動を自粛して、謹慎する事が発表されたそうです。

今回のように17歳の女子高生と、男女の関係になるのがなぜ問題なのかというと、各都道府県が淫行条例を定めているからです。

例えば東京都が定めている、淫行条例(正確には「東京都青少年の健全な育成に関する条例」)には、次のように記載されております。

■第十八条の六(青少年に対する反倫理的な性交等の禁止)
何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。

■第二条(定義)
この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

一 青少年 十八歳未満の者をいう。

■第二十四条の三(罰則)
第十八条の六の規定に違反した者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

以上のようになりますが、要するに「十八歳未満」の青少年と、「みだらな性交又は性交類似行為」を行い、淫行条例に違反すると、「二年以下の懲役又は百万円以下の罰金」という、罰が課せられるという話です。

この中でよくわからないのは、「みだらな性交又は性交類似行為」が、何を意味しているかです。

そこで東京都を管轄する警察組織である「警視庁」の、ホームページの中を調べて見ると、「みだらな性交又は性交類似行為」の定義について、次のように記載されております。

『青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいいます。

なお、婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれます』

以上のようになりますが、前半部分を読んでみても、何が書いてあるのかよくわかりません。

しかし後半部分はわかりやすく、要するに結婚を前提にした真摯な交際であれば、淫行条例に違反しないという事であり、狩野さんはマスコミに対して、このように説明をすれば良かったと思うのです。

もしかしたら20歳くらい年の離れた17歳の女子高生と、真剣に交際していると言うのが、恥ずかしかったのかもしれません。

しかし歴史上のある偉人の本を読むと、そんな恥ずかしさは吹き飛ぶと思います。

その偉人とはドイツを代表する文豪の、「ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ」です。

このゲーテは72歳の時に、17歳の少女に熱烈な恋をし、数年後に結婚を申し込んでおります。

結果的には断られてしまい、この失恋の経験を元にして、「マリーエンバート悲歌」という作品を作りました。

またゲーテといえば「若きウェルテルの悩み」が有名ですが、この作品は人妻に片思いした経験を元に、作られた作品だと言われております。

このようにデーテは、生涯に渡って様々な恋を経験して、その喜びや悲しみを作品にしてきました。

狩野さんも今回の経験を元に、「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」を越える新しいギャグを作り出し、再起をはかってほしいものです。
関連記事
  1. 2017/01/24(火) 19:51:55|
  2. テレビ・ラジオ
次のページ